ICON

医療相談コーナー

1睡眠時無呼吸症候群について
睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは睡眠中に10秒以上の無呼吸になる状態です。この状態が1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上ある方は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。症状は、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などがあります。SASは生活習慣病を引き起こすこともあり、SAS特有の眠気は交通事故を起こす危険もあり、早期に適切な治療をすることが大切です。
2睡眠時無呼吸症候群診断から治療までの流れ
携帯用無呼吸検査装置とは
入院せずにご自宅で無呼吸検査が行え、保険が適用される検査です。使い方は貸出しする時にご説明いたします。とても使いやすい検査装置なのでどなたでも検査可能です。
CPAPとは
検査結果が重症な人(1時間あたりの無呼吸が40回以上の人)に当院ではCPAPを貸出ししています。 CPAPとは、持続陽圧呼吸療法で睡眠時無呼吸症候群、特に閉塞型の治療の呼吸療法です。携帯用呼吸検査装置と同様にご自宅で治療していただけます。 CPAPのレンタルも保険が適用されます。
稲守耳鼻咽喉科のfacebookページが出来ました。